歯磨き粉のほとんどに研磨剤が入ってるって知ってた?

なんかふと最近思い始めたことなんですが、歯が黄色いから歯のホワイトニングや歯の健康のことを考えようと思ったこと。歯に良い歯磨き粉や歯ブラシについて調べていると、気になったのは、ほとんどの歯磨き粉には研磨剤が使われていることです。

研磨剤の歯磨き粉はやっぱりよくないみたい

歯磨き粉のほとんど研磨剤

そもそも研磨剤というのは、研いだり、磨くことでつやつやにする効果があるみたいです。んじゃぁ研磨剤入りの歯磨き粉って歯をやつやつにしたり、歯の汚れを落としてくれるからいいんじゃね説が出てきますが…

実はこれ逆効果を招いてしまうかもしれないみたいなんです!!

研磨剤入りの歯磨き粉を使っていると、歯の1番上の表面部分であるエナメル質にダメージが出てしまうみたいなんです。

つまり、歯をきれいにするところか傷をつけてしまっているということみたい。そして、その研磨剤入りの歯磨き粉で磨いた歯に傷がついてしまう、その傷に汚れがついてしまって、ホワイトングができるどころか逆に黄ばんでしまう可能性も出てくるみたいなんだって!!

歯の表面のエナメル質の下には「象牙質」と呼ばれるものがあります。この象牙質の色はエナメル質のように白くなく、薄い黄色になります。

エナメル質が磨り減ることによって、エナメル質の下にある黄色色した象牙質が透けて見えてくるのは、歯が黄色く見える一つの要因です。

出典:https://xn--w8jta0d4m6byhva9jthrb3553ee20chm8a2ocea979l.xyz/

でも、研磨剤入りの歯磨き粉すべてが悪いってことはないみたいで、研磨剤入りの歯磨き粉を使った方がいい人もいるみたい。例えば、歯にめっちゃ汚れがついてる人、タバコを吸ってヤニが歯に付着している人などはおすすめみたいです。

特にヤニが付着している人は、中々ヤニを落とすことは難しいだって!タバコのヤニ取りは、研磨剤不使用のセフルホワイトニング歯磨き粉などを推奨されている方もいます。

今使っている歯磨き粉に研磨剤入っていないけど…成分名は違うみたい

研磨剤成分

私の使っている歯磨き粉研磨剤って成分入っていないから大丈夫でしょう!なんて思っているそこのあなた!ほとんどの歯磨き粉には、研磨剤という表記で成分表記していない歯磨き粉がほとんどなんですよ!

どんな成分名で表記されてるのか調べてみると、清掃剤とか無水ケイ酸とかリン酸水素カルシウムなど名前で表記されているみたいです。

研磨剤は100%歯に悪いってことはないと思うけど、悪い方向に行くことは間違いないのかなぁって私は思います。あくまでも個人の意見だけどね!

ホワイトニング歯磨き粉は研磨剤不使用のがいい!

ドラッグストアでよく見かけるホワイトニング歯磨き粉ってあるじゃないですか!ホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤フリーのやつを使った方が良いみたいですよ!

研磨剤=エナメル質に傷がついてしまう可能性があるので、象牙質が将来透けて見えてきたり、細かいキズに汚れが入ったりして逆に白くなるどころか黄色くなってしまうこともあるみたい。

長い目で見ると、ホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤フリーをやーつを使った方がいいみたいなんですね!

結構研磨剤フリーのホワイトニング歯磨き粉が販売されているので、検索したら色々出てきますよ!私もつい最近買ってみた、プレミアムブラントゥースも研磨剤不使用だし、人気なパールホワイトも入っていないみたい!

しかし!!高いけどな…w

今ブラントゥースを愛用してセルフホワイトニングをしているけど、やっぱり高いから、ちょっと白くなったらやめるつもり。私が宝くじ当たれば話は違ってくるけど、やっぱり高いんだよね…毎月4000円ぐらいかかるのは…

歯医者でホワイトニングをすることを思うと安いと思うけど…

私はとりあえず3ヶ月間試して白くなったらとりあえず解約。白くならなかったら半年使ってみるという計画をしています。

ブラントゥースを使い始めて今1ヶ月目ですが、ちょっと白くなってきているので、このままいくといい感じに白くなると思うんです!!

また結果報告させていただきますね!